2008年04月03日

世界一簡単な外国語勉強法とは?

 記事を読みに来てくださりありがとうございます!

 訪問いただく方、応援クリックいただく方が
 どんどん増えてきています。

なんと人気ブログランキングの本・読書部門で、
1月4日に1位に返り咲いたようですぴかぴか(新しい)

2007年12月11日以来でした。
とてもうれしいです。
ほんとにありがとうございます!!

これからも一緒に楽しんでもらえたらうれしいです!!

これからもよろしくお願いします黒ハート

 人気ブログランキングは現在何位でしょう?

以前、頭の回転が50倍速くなる脳の作り方について
記事で紹介した苫米地英人さんの
新刊が出ましたので書いておきましょう!

苫米地英人英語は逆から学べ!~最新の脳科学でわかった!世界一簡単な外国語勉強法.jpg苫米地英人著”英語は逆から学べ!~最新の脳科学でわかった!世界一簡単な外国語勉強法~特殊音源CD付き(全外国語対応)”。
著者は、脳機能学者・計算言語学者。
カーネギーメロン大学博士(Ph.D.)。
オウム真理教信者の脱洗脳を手がけ
マスコミでも話題になりました。
ドコモとauのケータイサイト
『着信★うた』『魔法のメロらんど』で
『奇跡の着うた』を配信中。
『奇跡の着うた』は、
特殊な音源刺激を脳の各位に与えるもので、
話題を呼んでいます。


どうして、中学高校との6年間、もしくはそれ以上の期間にわたって
英語を勉強しているのに、なかなか上達しないんでしょう?


英語の勉強方法が間違っているからです。

どういうこと?
脳には学習限界年齢(クリティカルエイジ)があります。
遺伝的に器官の発達する年齢が決まっているのです。
言語に関しては、8〜13歳といわれています。

生物は一つの最適化(日本語脳)をつくると、
その最適化を維持するので、
今までの英語学習法では克服するのが難しいのです。

どうしたらいい?
チョムスキー教授の理論によると、
脳は生得的に言語能力を持っていて、
 あとは言語ごとにパラメーターを調整して
 言語を習得する
”のです。

英文を一つ一つ和訳する従来の方法は、
日本語脳のなかに英語脳を作ろうとしているので
うまくいくはずがありません


従って、日本語脳と英語脳は脳内の別の言語空間に
存在する必要
があります。

具体的には?
脳内の日本語の活性化を抑え、
赤ちゃんが学習するように英語を学ぶのがよいのです。

つまり、日本語を一切排除して、
英語を見る・聴くと、
脳がパラメーターを英語にチューニングし、
脳の中で新たに英語のネットワーク(英語脳)ができる
のです。

たとえば、海外ドラマ(字幕なし)を見ながら、
英語をしっかり聴きます。
海外の連ドラは見るだけで状況がわかりますので、
内容を把握しようとするより、
「その音の次にどんな音が来るかな」というのを
繰り返し想像しながら聴きます。
このようにまずは、音韻のネットワークの
トレーニングをすることが大切です。

そして、トレーニングの手順を踏みながら徹底的に聴くと、
2日目(早ければ1日目)ぐらいから、
急に英語の音が良く聞こえるようになってくるのです。

海外ドラマを見ながらの、
詳しい”英語脳の作り方トレーニング”の
手順は6つ示されていました。(ここでは省略)

苫米地英人頭の回転が50倍速くなる脳の作り方~「クリティカルエイジ」を克服する加速勉強法.jpgそして、付録CDがあります。
・”自己実現力”を高める音源
・”記憶力”を高める音源
・”IQ(問題解決力)”を高める音源
が入っています。


赤ちゃんは文法を習わずに
言葉が話せるようになるので、
日本語のない状況下で、
トレーニングの手順に従いながら、
徹底的に英語に触れる時間を作ることで
英語脳ができていくことに
説得力を感じました。

この方法は英語以外の外国語でも応用できるそうです。
付録CDも併せて活用し、
語学習得に役立てたいですね〜♪


ご訪問いただいた方に心から感謝いたします。
ありがとうございました黒ハート
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
 人気ブログランキング-クリック(応援)ありがとうございます。
   
<苫米地英人さんの既刊本>
頭の回転が50倍速くなる脳の作り方~「クリティカルエイジ」を克服する加速勉強法~
  
posted by エムストーン at 09:51| Comment(3) | TrackBack(1) | 教育・スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この本、本屋で見かけてちょっと気になっていました。

なんか魅力的な内容ですね^^)

私も読んでみま〜す。
Posted by ひろよこ at 2008年04月04日 00:58
楽しみに読ませていただいています。英語は随分前からやっていますが、なかなか上達しませんね(笑)。あの手、この手でやってみるしかないので、この本も参考にさせていただきます。ところで最近、ビジネス書のコーナーで『感動を売りなさい』という本を見つけました。著者はNASA(アメリカ航空宇宙局)やマイクロソフトなどをクライアントにもち、アメリカのTV番組でも有名な女性コンサルタントのアネット・シモンズという人です。あなた自身の感動を物語にして伝えることが、人生やビジネスを成功させる秘訣だという内容です。物語をつくるための例題(ネタ)もたくさん載っていて、分かりやすくていい本だと思います。
Posted by 横浜ヴィンセント at 2008年04月04日 11:51
こんにちは。

私も自己啓発、成功哲学、成功法則が大好きなんです。

以前コミュニケーションのブログを作っていた時、たまに覗いていました。

これからも、ちょくちょく寄らせて頂きますね。

応援ポチッ★♪
Posted by 本物伝道師★ケイ at 2008年04月09日 20:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92068303
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

音読の声の大きさは?
Excerpt: 音読の時の声の大きさについて
Weblog: 音読効果を7倍高める超音読法
Tracked: 2008-05-18 11:06


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。