2005年11月14日

ミリオネアの教えとは?

 自己啓発の本の表紙としては、カラフルで目立っていた本がありました。河本隆行著”ミリオネアの教え、僕の気づき”です。

河本隆行ミリオネアの教え.jpg 著者は、早稲田実業学校高等部卒。25歳のとき、ほとんど英語を話せない状態で単身渡米、その後6カ月で劇的に英語をマスター。2001年、UCLA(カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校)卒業。アメリカ留学中に自分自身を「勉強嫌い」から「勉強中毒」に変身させ、健康、男女関係、コミュニケーション、ビジネス、お金、マネージメント、投資、時間管理について見識を深めました。2003年からはロバート・キヨサキやアンソニー・ロビンズらの同時通訳者を務め、自身も講演やセミナー活動を展開しています。
 
 まずは著者の20代の話があります。先が見えず悩んでいました。ある日自己啓発の本に出会ってはまり、自己啓発のセミナーに参加するようになります。ハワイであったロバート・キヨサキのセミナーに参加した著者は、始まる2時間前には会場に到着し、一番前の講演者に最も近い席を確保しました。それが彼の幸運の始まりだったのです。隣に座った3人組はロバート・キヨサキの弟ファミリーであり、挨拶をして知り合いになった著者は、ロバート・キヨサキに紹介され、それが縁で、ロバート・キヨサキの通訳者となったのです。これがきっかけとなり、自己啓発書で有名な著者達と知り合いになっていくなかで、成功者のイメージ・成功者の考え方を体感していったのです。この本では、5人の有名な著者について書かれてあります。

 ロバート・キヨサキから、セールスの極意を感じ取ります。時間効率を考えると、自分の理論を講演するだけで広めていくのは大変なのです。出版物として普及すれば効率がいいのです。しかも、出版も専門家に任せたらいいものになるでしょう。経理・広報など専門家を集めてチームを組むと、売り込みもうまくいき収入も確実にアップするのです。1日1億円の不労所得を稼ぐ、真の富豪とはどういう人間か、著者は目の当たりにしたのです。自分を’有能な作家’ではなく、’ベストセラー作家’と称する意味がよくわかりました。

 アンソニー・ロビンズから、感情の大切さを教わりました。人は何を望んでいるのでしょうか?たとえば、安い自動車ではなく高級自動車をほしいとはどういうことでしょう?それは、高級品を手に入れたという満足感(感情)がほしいのです。素敵な異性とつきあいたいと思うのはどういう意味でしょう?素敵な異性と、愛情(感情)に包まれたすばらしい時間をすごしたいという欲求なのです。人間は感情を求めて動くのです。アンソニー・ロビンズはつねに笑顔でいます。笑顔が人生を前向きにするからです。
 セミナーでは火の上を歩くという挑戦がありました。著者河本氏は火を見ずに歩くとすんなり渡れましたが、火を見てわたったときは足に水ぶくれができて痛かったという経験をしました。アンソニー・ロビンズが説く、望むことだけを考えて(見て)進む大切さを実感したのです。(マイナスのことを考えて(見て)行動しないこと!)

 ジョン・グレイから、異性への接し方を感じ取りました。君が良ければ僕はそれが幸せ、というジョン・グレイ哲学。本来男性と女性はホルモンの関係で、考え方(男性は結果を求め、女性はプロセスを重視する)は違うのでそれをきちんと認識する事が大事だと知ります。男性は、女性の話を聞くことを大事にし、たとえばバラの花を1本渡すことを繰り返すと必ずもてるようになります。

 アラン&バーバラ・ピーズから、いつでも人を気づかう謙虚な姿勢を感じます。アラン・ピーズが夫人に対して楽しくあってほしいと常に考えて行動しているさまを河本氏は目にします。理想のパートナーの見つけ方について、河本氏はその場で理想のタイプ(条件)をいうようにいわれ、紙にメモしました。後に修正を加えながら思っていると出会いがほんとにあり、河本氏自身が結婚に結びついたのです。

 ジョン・フォッピから、両腕がないというハンディを感じさせない生き方に感銘を受けました。ないものに焦点を当てるのでなく、あるものに焦点を当てるという前向き思考と、人間を強くする愛、そして人間を成長させる愛を感じました。

 実際にベストセラー作家5組と会って体感したことは、著者河本氏の人生を変えました。読んでるだけで読者もいろんなことを感じ取れる本だと思います。自分の中で成功者のイメージを高めるのに活用したいと感じました。

 人気ブログランキング-応援ありがとうございます。

 次回は1週間以内に更新の予定です。
posted by エムストーン at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9158409

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。