2005年10月14日

時間管理革命!

 すべての人に平等に与えられているのは−時間です。でもあの人はあれだけの仕事をどうやってこなしているんだろうと感じてしまうことってありますよね。そんな立場のかたが書いた本がありましたので、紹介しておきましょう。

川本裕子時間管理革命.jpg 川本裕子著”川本裕子の時間管理革命”です。

 川本裕子氏は、オックスフォード大学大学院経済学修士修了。銀行勤務を経て、1988年マッキンゼー・アンド・カンパニー東京支社入社。95‐9年パリ勤務。2001年東京支社シニア・エクスパート。これまでに道路関係四公団民営化推進委員会委員、金融庁顧問(金融タスクフォースメンバー)、金融審議会委員等の公職をつとめています。2004年に早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授、大阪証券取引所社外取締役就任。母であり、妻でもあるという一人三役をこなしています。

 ’出口から考えること’を主張しています。たとえば、仮説をたて検証し対策を立てると早く解決できると述べています。入り組んでいるように見える事柄-たとえば、ある商品が売れにくくなった場合、安売りで負けたのか、販売方法が悪かったのかは、仮説を立ててチェックしていけばすぐに明らかとなります。身近な例で言えば、引越しの際、引越し後のライフスタイルのイメージを考えると、捨てていくべきものがすぐにわかります。

 問題点は紙に書き出していくことを勧めています。今の仕事状況を評価するためには、同業界の他社と数字を比較していくと、問題点が明らかとなります。

 時間は、総量で扱うべきだと主張しています。必要な時間を積み上げていくのではなくて、使える時間枠を確保した後、すべきこと・やりたいことに優先順位をつけ、枠に当てはめていくのです。枠に時間の分野ごとに色を塗ると、全体の中での分野の割合が一目でわかってよいそうです。

 時間を有効に活用することは真っ先に取り組むことでしょう。ルーズに管理してしてしまいがちですが、いくつもの仕事をこなしている方の考えを参考に改善していきたいものです。
 
 人気ブログランキング-応援ありがとうございます。

 次回は1週間以内に更新の予定です。
posted by エムストーン at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。