2005年09月14日

プロ経営者の条件とは?

 成功者がどういう歩みをしてきたかというのは想像しにくいものです。起業からわずか10年で売上1400億円、東証1部上場という快挙を達成したグッドウィル・グループ会長折口雅博氏の生き様を書いた本がありました。

折口雅博プロ経営者の条件.jpg 折口雅博著”「プロ経営者」の条件”は成功者折口氏の半生を書いたもので内容に圧倒されました。

 家の経済的事情から自衛隊系の高校・防衛大学と進学した折口氏は、実弾のなかほふく前進するという訓練や、数々の厳しい経験を通して、少々のことではへこたれないという強い精神力を身につけました。

 日商岩井に入社した後、あの有名なディスコ「ジュリアナ東京」をプロデュースし大成功したものの、日商岩井から独立後、ディスコのオーナー会社(資金を出した会社)から追放され借金だけが残るという悲惨な状況になります。こつこつ返済しながら、94年六本木に巨大ディスコ「ヴェルファーレ」をオープンし、大成功します。しかし、ここでも大成功した後オーナー会社から副社長に降格させられ結局退社することになります。2度も大成功しながら利権争いで追い出されるという苦渋を経験したのです。

 一方で、「ヴェルファーレ」と同時期に平行してインターネットを活用した人材派遣の会社グッドウィル・グループを立ち上げます。また、後継者を探していた老人介護サービス’コムスン’にも資本参加します。当時は老人介護で儲けるのはいいのかという風潮が強かったといいます。しかしながら、少しの金を払うことでサービスを受ける老人も客としてどうどうとできることや、民間がサービスを受ける側の目線で24時間サービスを提供することで社会に役に立つという信念があり、徐々に受けいれられたと述べています。

 42歳にして財界日本経団連の理事になった折口氏。会社では、会社の方針を毎日唱和させ、メンバーの潜在意識に入れるようにしているといいます。社会に対して正しいことをするのだという項目が印象に残りました。ほかにも、事業のセンターピン(核心)を見抜くことや、部下の活かし方なども述べてありました。

 夢と志をもつこと、正しいことをしているという自覚を持つこと、執念(強い意志)を持つことの凄さを感じました。

 人気ブログランキング-応援ありがとうございます。

 次回は1週間以内に更新の予定です。
posted by エムストーン at 13:48| Comment(2) | TrackBack(1) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

この本を読むまで折口氏のことを誤解していました。凄い経験を積んだ凄い経営者ですね。
Posted by 世田谷読書日記 at 2007年02月25日 11:47
世田谷読書日記さん、こんばんは!

折口氏については、
ジュリアナ東京やヴェルファーレのイメージしかないと、
この本を読んだときかなり印象が違うと思います。
行動を重ねて成功者になった過程は
圧倒されますよね〜♪
Posted by エムストーン at 2007年02月26日 22:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「プロ経営者の条件:はたして彼は
Excerpt: 今年今日を入れてあと2日、というわけで、今日と明日は今年をある意味象徴した人の...
Weblog: はてさて
Tracked: 2007-12-30 11:21


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。