2007年08月14日

よりよい人間関係を築く聞く技術とは!?

 記事を読みに来てくださりありがとうございます!

 訪問いただく方、応援クリックいただく方が
 どんどん増えてきています。
 
 7月9日からずっとランキング1位です。
    
 応援いただいている多くの方々に心から感謝いたします。
 ほんとにありがとうございます黒ハート
 これからもよろしくお願いしますぴかぴか(新しい)

 人気ブログランキングは現在何位でしょう?

今日は、コミュニケーションの基本(聞く)について
勉強になった本を紹介しましょう!

林恭弘プロの聞く技術が身につく本―よりよい人間関係を築く35のポイント.jpg林恭弘著”プロの聞く技術が身につく本―よりよい人間関係を築く35のポイント”。
著者は、日本メンタルヘルス協会心理カウンセラー・講師。幼児教育から企業を対象とする人事・教育コンサルタントまで幅広くたずさわりました。現在はカウンセリング活動の他、アカデミックな心理学理論をおもしろく、わかりやすく、説得力を持って伝える話しぶりで全国を奔走中。

みなさんは相手の話をきちんと聞いて
対応しているという自信はおありですか?
親・夫婦・子供・上司・部下と心を開いた関係ができていると
思いますか?

心理カウンセラーの著者によると、
身近な人が悩みや不満を話し始めたときに
対応がまずく、相手の心を閉ざすケースが多いのだそうです。

[問題] 次の言葉の返事として望ましいのは?
妻「きのう、あなたの実家から電話があったんだけど、
お母さんからいろいろ子育てに関するアドバイスを受けたの。
でもね、とってもつらい気持ちになってしまって。
だって、私だって一生懸命にやっているのに、
まるで、否定された気分になってね。」

答え
1)年寄りの退屈しのぎだと思って、あまり気にするなよ。
2)親身になって言ってくれる人は、そんなにいるもんじゃないぞ。
3)どうしてそれが不満なんだ?
4)じゃあ、今日はうまいものでも食べに行こう。
5)そんな電話も子供が小さいうちだけだよ。

どれもありそうですよね。
もし、1)〜5)のいずれかを選んだ人は、妻に言われます。
「なにもわかってくれないのね。」

[解説] 5つの答えはそれぞれ妻に次のように伝わります。
1)教えてやって自分はそこから逃れよう
2)気づかせてやって自分はそこから逃れよう
3)突き止めて思い知らせてやって自分はそこから逃れよう
4)気分転換してやって自分はそこから逃れよう
5)とりあえず切り抜けることで自分はそこから逃れよう
5つの対応はいずれも“その都合の悪さから逃れる”ものだったのです!

解決してやろう」が聞くことを妨げているのです。
人は、他人から与えられた解決策はできないし、やらないのです。
人は自分で気づいたときに変化を起こすのです。


聞き手は話し手の話し内容の整理を手伝う意識を持つべきです。
決して聞き手が解決策を出してはいけません。

聞き手が相手の話を部分的に繰り返すと、
自分の言った言葉を聞き手の声で聞いて、
話し手は自分を客観的にみることができます。

最も重要なことは「心を聞く」です。
相手の話を聞いて感じられる、
相手の心の様子を口に出して確認することです。
「不安だったろう」、「寂しかったんだね」など。

ここで、[問題]の望ましい答えを考えてみましょう。
[答え例]
『一生懸命にやっているから、余計にそういう気分になるんだろうね』
「そうなのよ。でもお母さんも私を否定しているわけじゃないんでしょうけどね」
『うん、否定じゃないんだろうね』
「最近子供のことでイライラしてて。自分を見透かされた気がしたのね。」
『子供のことでイラ立つことがあるんだね。僕になにかできることあるかな』
「ううん。大丈夫。聞いてくれてありがとう。」

相手の話を相手の立場に立ってじっくり聞く大切さを説いた後、
以下の言葉を強調し、問いかけていました。
『愛とは、相手のために相手本位に時間を与えることである』
あなたは、身近な人に、どのくらいの時間=愛を提供していますか?


ほかにも、受動的な聞き方・積極的な聞き方とその割合や、
聞くための心の持ち方など感心することがたくさん解説されていました。

聞くことはコミュニケーションの大事な要素ですよね。
聞くことの基本をはじめてきちんと学んだ気がしました。

学んで、良い人間関係をつくるのにすぐにいかしたいですね♪

  ↓↓↓↓↓↓↓↓
 人気ブログランキング-クリック(応援)ありがとうございます。
      
【この記事の内容は一度6月12日に投稿したものです。
 記事のリンクがなぜかできませんので、
 コピーしてリンクを張り替えました。
 ご了承いただければと思います。】
   
posted by エムストーン at 09:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 教育・スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。

人気blogのランキングから飛んでまいりました。

本の紹介でも、読み手の押し付けがましい意見を書くわけでもなく、程よい加減でコンパクトに本の内容をまとめていて素晴らしいブログですね。

また訪問させていただきます。
Posted by 正しいネガティブ at 2007年08月15日 04:24
エムストーンさん、こんにちは。

特に男性は「解決してやろう」という気に
なりやすいですよね。
心しておきます。
Posted by LuckyUS@フォトリーダー at 2007年08月15日 19:51
突然ですが、もし、さしつかえなければ、
私のサイトに、あなた様の
ブログを登録していただけないでしょうか。
ランキングを楽しんだり、
さまざまなブログを拝見したり、
ブログライフの引き出しとして、
お願いできないでしょうか。
こちらのサイトです。
http://www.p-netbanking.jp
是非、御願いします。
Posted by magazinn55 at 2007年08月17日 18:21
こんにちは。

林さんの新しい本ですね。
興味深く記事を読ませていただきました。

>『愛とは、相手のために相手本位に時間を与えることである』

心にしっとり来る言葉ですね・・・!

ポチッ
Posted by 単身赴任のYH at 2007年09月07日 11:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。