2005年05月27日

<1分間でその気にさせる>仕事ができて愛される上品な作法とは?

 自己啓発のコーナーに行くとほとんどが男性の著者です。ちらほら見かける女性著者の本で目に付いたものがありましたので取り上げましょう。

朝倉千恵子.jpg 著者は朝倉千恵子さん。離婚し借金をかかえて、やっとの思いで、35歳で(株)社員教育研究所に入社。その後2000年度に年間売上ダントツNo.1となり、2001年に独立。(有)朝倉千恵子事務所、(株)新規開拓の代表取締役社長。「トップセールスレディ育成塾」を主催するとともに、全国を飛び回り、企業の教育研修、講演を実施しています。

 朝倉千恵子著“<1分間でその気にさせる>仕事ができて愛される上品な作法”は、キャリア女性向けに、ちょっとした姿勢・対応の違いで印象が変わる点を、時には写真・図を使いながら、わかりやすく紹介した本です。いくつか引用してみましょう。

 まず、礼や名刺交換やいろんな場面での姿勢について、写真・イラストで解説してあります。礼するときの背中の角度や、名刺交換の細かい手順や、姿勢についての心がけについて、最高の印象を与えるための解説がされています。非常にわかりやすいものです。

 次いで、言葉の使い方。部下への対応の場合3パターン。使い分けることで部下からの信頼も得られそうと納得できます。苦情の電話への応対。客のいいたいことはしっかり聞いて感情的に相槌を打ちますが、“事実関係について調べて報告させていただきます。私は○○です。”と言います。決してその場で責任は認めません。応対の仕方は重要です。

 相手に認めてほしいときや、明るいイメージにしたいときなどであごの位置を変えます。そうすると、声の感じも変わってきます。笑顔も大事です。常に鏡を見て確認する癖をつけましょう。たとえば、面接の終了後すぐに笑顔をとくと、かえって印象を悪くします。話した直後の表情に気をつけましょう。

 上司や同僚との関係。決して自己主張を通してはいけません。“・・・と思いますが、どう思われますか?”語尾を変える事で関係がスムーズに成ります。

 セールストーク。営業で断られても、それは人格を否定したものではありません。オープンに話をして関心のあるところがわかったら、“AかBかどちらがよろしいでしょうか?”という展開にすると、結局客は自分で選んだと満足する結果につながります。売りつけるという意識ではだめです。

 手帳に目標やいいと思った言葉(教訓)を書いてよくみます。著者の場合、ある年正月3日間に立てた目標は半年後には達成していたそうです。

 すぐに実践できそうな話が多いという印象を受けました。役立てほしいと思います。

 手帳に目標やためになる言葉を書き込んで持ち歩くことが成功につながると言う話はこれまで記事にも書いてきました。熊谷正寿氏“一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法”や原田隆史氏“成功の教科書 熱血!原田塾のすべて”や小林智子(藍玉)氏“主婦もかせげるアフィリエイトで月収50万 パソコンひとつで成功!のコツ”です。成功につながる行動は取り入れたいものです。

 次回は1週間以内に更新の予定です。

 人気ブログランキング-クリックしていただくとカウントされます。ありがとうございます。
posted by エムストーン at 15:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 教育・スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3946045

この記事へのトラックバック

アフィリエイト にトラックバック!!
Excerpt: タダ仕入れ!在庫リスクなし!趣味でブログをやりながら、リスク無しでお金儲けできる方法。それが、アフィリエイトです。
Weblog: エンタメ系トラックバック大歓迎!!
Tracked: 2005-05-29 22:27


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。