2007年03月07日

成功の公式―1の努力で100の成果を上げるとは?

 記事を読みに来てくださりありがとうございます!

 訪問いただく方、応援クリックいただく方が
 とても増えてきています。

 先週は、約2日間ランキング1位になりましたぴかぴか(新しい)
 (2007年2月27日〜28日)

 とてもうれしかったです。
 とても感激しました。
 応援いただいた多くの方々に心から感謝いたします黒ハート
 ほんとにありがとうございましたexclamation×2
 これからもよろしくお願いします♪

 人気ブログランキングは現在何位でしょう?

今日は、そのものずばりのタイトルに惹かれた本を
紹介しましょう!

マークジョイナー成功の公式.jpgマーク・ジョイナー著”成功の公式―1の努力で100の成果を上げる”。
著者は、インターネット・マーケティングの第一人者。
本書は、5%の成功者になるための方法を、
わかりやすく解き明かしたNYタイムズベストセラー。

著者は、どんなビジネスでも、利益を増やすための公式は、
三つの項目であらわされると述べています。

成功の公式
1)「魅力的な提案」をする
2)「喉の渇いた群集」にグラスを差し出す
3)「二杯目のグラス」を買わせる

簡単に言えば、”商品”に見合った(値段と魅力がマッチした)広告を、
ターゲット層の多い媒体に出して売り込むと効果が見込めます。
さらに、リピーターを多く確保する方法を実践すると成功します。

ところが、シンプルな公式なのに、
どれかが欠けている(不十分な)ことが多いと述べています。
理解しやすいように、
アマゾンやホリディインなどの成功した企業に関して、
創業からの流れを、
上の公式に照らしあわせて説明していました。

また、公式のひとつひとつについても解説されていました。
たとえば、3)については以下のとおりです。

二杯目のグラス」を買わせる要素
1)アップセル(大容量販売)
2)クロスセル(関連グッズ販売)
3)フォローアップ
4)継続性

最初の購入が完了後
容量の多い商品や関連する商品を勧めます。
また、購入時の名簿(情報)を生かして、
継続して商品を買い続ける流れを作ります。

後半は、20人の成功への体験談が書かれていました。
まったく今何を売っていいか、わからない人でも、
グーグルを使って、どんな商品を売ればいいかを探し出し、
グーグルを使って、「喉の渇いた群集」(有望な需要が見込める媒体)も見つけだして、
事業の骨組みをつくっていけるような方法も紹介されていました。

マークジョイナー成功の公式.jpgほかにも、「喉の渇いた群集」に関する黄金の法則・
消費者が「一杯目のグラス」に口をつける前に、
二杯目のグラス」をがぶ飲みさせる方法・
生涯購読者を無料で手に入れる方法など
魅力的な項目が並んでいました。

項目ひとつひとつは容易に納得できますし、
どれかは実行している(しようとしている)方も多いと思います。

シンプルな公式ですが、
成功の公式”は3つそろって大成功が見込めるそうです!
事業を成功させたい人にはいい教科書になりそうですね〜♪

  ↓↓↓↓↓↓↓↓
 人気ブログランキング-クリック(応援)ありがとうございます。
   
posted by エムストーン at 09:22| Comment(5) | TrackBack(4) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すっごい・・
なにがって

刺激的な表現だけど
そうそうってうなずけるもんなぁーー
Posted by ナニワのメンター at 2007年03月10日 22:16
ナニワのメンターさん、こんばんは!

”成功の公式”は言葉の選び方がインパクトありますよね〜。
コメントありがとうございました♪
Posted by エムストーン at 2007年03月11日 23:21
こんにちは。遊びに来ました。「アマゾン」には、「成功の公式」をうまく使ってますよね。特に私好みの本が満載されている「おすすめ商品」、これは私が買った本のデータを分析して、お奨め本を紹介されています。私もアマゾンにとっては、「のどの渇いた群衆」の中の一人です。
Posted by パピヨン土方@成功者になるための!!オンライン図書館 at 2007年03月14日 06:10
こんにちは。遊びに来ました。「アマゾン」には、「成功の公式」をうまく使ってますよね。特に私好みの本が満載されている「おすすめ商品」、これは私が買った本のデータを分析して、お奨め本を紹介されています。私もアマゾンにとっては、「のどの渇いた群衆」の中の一人です。
Posted by パピヨン土方@成功者になるための!!オンライン図書館 at 2007年03月14日 06:12
パピオン土方さん、おはようございます!

アマゾンに関して分かりやすいコメントありがとうございます。
自分が気に入っているお店を”成功の公式”で
解釈してみると、
成功している理由が納得しやすいですよね〜♪
Posted by エムストーン at 2007年03月14日 07:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35344544
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

一流の人間には共通点がある
Excerpt: 一流の人間には共通点がある。 短い間に羽生善治棋士の『決断力』と松井秀喜選手の『不動心』を読みました。 説明するまでもありませんが、二人とも各々の世界でトップレベルの実力を持ってます。 この二人..
Weblog: これを読め!! お勧め本の紹介です。
Tracked: 2007-03-12 05:55

松井秀喜 『不動心』
Excerpt: 一流の選手は、一流に人間だった。 不動心松井 秀喜 新潮社 2007-02-16売り上げランキング : 130Amazonで詳しく見る この本を買った理由 イチロー選手のファンだった為、松井..
Weblog: これを読め!! お勧め本の紹介です。
Tracked: 2007-03-12 06:24

中谷彰宏 『30代で出会わなければならない50人』
Excerpt: この本を買った理由 中谷彰宏さんの本を読み始めて、ちょうど10年目になります。 初めて中谷さんの本を読んだ時は、中谷さんのことはぜんぜん知りませんでした。 ただ面白そうという気持ちで読んだ..
Weblog: これを読め!! お勧め本の紹介です。
Tracked: 2007-03-13 19:09

『成功の公式』
Excerpt: マーク・ジョイナー著  早野 依子訳 2007年3月5日発行 1300円(税抜き) 成功の公式―1の努力で100の成果を上げる タイトルからは内容がはっきりしませんが、いかにして売るかということ..
Weblog: 精神科医が読み解く、ビジネス・投資・自己成長のヒントになる本
Tracked: 2007-03-27 22:23


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。