2005年05月03日

誰でもできる成功の『技術』とは?

あたたかな陽気に包まれて、今年はとても快適なゴールデンウェークを迎えることができました。屋外のイベントも多く楽しめそうですね。

409837661X.09.MZZZZZZZ
 成功は『技術』である。
 『技術』は誰にでも身につけることが可能です。
 また身に付けてしまえば何度でも反復できるものです。

 成功の教科書 熱血!原田塾のすべて
 著者は、大阪市立松虫中学校陸上部監督として、7年間で13回の日本一を育てるという成功を収め、『カリスマ教師』と呼ばれたことがあります。

 成功のための第一原則:『成功する』と決める。
 成功のための第二原則:大きな成功は、小さな成功の積み重ね

 2つの原則を行う成功の『技術』は、12通りあります。
1)確実にイメージできる2週間先の目標設定からはじめる。
2)目標=期間x難易度
3)コンフォート・ゾーンを知り、目標設定の精度を高める。
4)成功のための自己分析=過去分析 + 未来への準備
5)過去への分析によって『最高の自分』と『最低の自分』を知る。
6)予想される問題点を洗い出し、解決策を見つけておく。
7)経過目標と期日目標で、成功への階段を細分化。
8)ルーティン目標で、目標のかたよりや抜けを防ぐ。
9)幾重ものセルフコントロールで、目標を腐らせない。
10)心を満たす目標設定で、成功の確率を高める。
11)メンターの存在を先取りし、ほしい援助を事前に決めておく。
12)奉仕活動・清掃活動で感謝の気持ちを表す。

 鮮明にイメージできることは必ず実現するので、書くことでセルフイメージを強化します。そのため、書き込む欄が24個あります。

 毎日チェックし次の目標を立てて『日誌』に書くことと、常にやる気を維持することが、大切と述べています。

 目標を立てて手で書き込み、それを絶えずチェックする方法は、熊谷正寿氏”一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法”に似ています。たえず成功したときのイメージを持つことは、佐藤富雄氏”愛されてお金持ちになる魔法のカラダ”にも述べられています。

 書き込むことを利用して成功イメージを持ち続けることはやはり有益だと感じました。

 次回は1週間以内に更新の予定です。

 人気ブログランキング-クリックしていただくとカウントされます。ありがとうございます。
posted by エムストーン at 14:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

★★★☆☆「成功の教科書」原田隆史、小学館(2005/03)¥1,260
Excerpt: いつも応援ありがとうございます。今日は何位になっているでしょうか?------------------------------------------------------■今朝のカザフスタン:ウラ..
Weblog: カザフスタンで1分間書評!「一日一冊:人生の智恵」
Tracked: 2005-07-12 13:31


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。