2005年04月08日

百マス計算で脳活性化!

白い花.jpg 一気に気温が上昇し5月上旬の陽気となっています。いきなり初夏の感じになりましたね。ところで、これまで4つの投稿に対して、延べ281人(4/7まで)の方々がこのブログにお越しくださいました。特に”宣伝”などは行っていませんでしたので、非常に驚いています。ありがとうございました。たくさんの方々に読んでいただけることを励みに、これからも自分の感じたままをつづっていきたいと思います。

 昨年から教育問題がしばしば取り上げられるようになりました。私の記憶では、きっかけは日本の子供たちの学力が世界の中で格段に落ちてきているというニュースでした。それから、ゆとりの教育を考え直す時期に来ているという論調が多くのメディアで取り上げられるようになりました。以前は詰め込みすぎであるという意見が、子供たちの非行と絡めて幅を利かせていたのが、嘘のような状況になっています。

百マス.jpg 特に昨年の後半から陰山氏の教育方法が注目を集めています。子供のときから、読み書きそろばんという基本的なことを徹底的に反復させるという方法です。”100マス計算”(<教育技術MOOK>陰山メソッド 徹底反復「百ます計算」)は有名な言葉になりました。実際に小学校で地道に続けたところ、成果がいろんなところに出てきたという報告をされています。

 考えて見れば、どの分野でも基本は重要です。ましてや読み書きそろばんは、生活の基本です。世界のなかで日本の躍進を支えた柱の一つが、教育(読み書きそろばん)だったということは間違い無いでしょう。教育の根幹を思い出させてくれた陰山氏の功績は大きいと思います。

陰山2.jpg  陰山氏は、基本的な読み書きそろばんが脳を活性化させ、成長を促すということを述べておられます。そして、"学力は家庭で伸びる―今すぐ親ができること41"のなかで、付随して、家庭でも、”学力・会話力・自分で出来る力”を子供たちに付けることが出来るとしています。一つ一つは些細なこと(自分でいろんな事をやらせる)で、その積み重ねが人間としての成長につながるということは改めて認識しておきたいと思います。

 大人でも脳が活性化されるということで、百マス計算を数回やってみました。確かに、時間は1回ごとに短くなっていき、楽しく感じる部分もありました。ただし、一人だと続けるのに根気がいることを認識しました。成功するためには情熱が必要ですね〜♪

 人気ブログランキング-クリックしていただくとカウントされます。ありがとうございます。
posted by エムストーン at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。