2006年10月10日

ドリームマップで3年後になりたい自分になれる!

記事を読みに来てくださりありがとうございます!

 人気ブログランキングは現在何位でしょう?

 今日は、ドリームマップという言葉が気になった本を紹介しましょう!

秋田稲美3年後になりたい自分になれるドリームマップ.jpg 秋田稲美著”3年後“なりたい自分”になれるドリームマップ―あなたの夢が必ずかなう自己イメージの作り方”について書いておきましょう!著者は、”しなやかに夢を育む研修を!”をモットーに掲げる株式会社エ・ム・ズの代表取締役社長。コーチングとリーダーシップを専門とした人財開発研修講師。ドリームマップは夢を描き、信じ、伝えることで、”主体的に生きる力”をはぐくむことを目的として開発されたもので、エ・ム・ズの研修プログラムの柱の一つです。ドリームマップは、経済産業省の起業家教育促進事業のプログラムとして採択されたことで、公立の小中高校へ一気に導入が進みました。今、私立校への導入を働きかけています。新聞・雑誌・テレビにも何度か取り上げられたことがあるそうです。 

 はじめに、斉藤美奈子(仮名)さんの話が載っていました。彼女は28歳で離婚した後、細々と食べていくだけの収入を得て暮らしていました。友人に誘われてセミナーに参加した美奈子さんは、ドリームマップの作り方を学びました。そして、勧められるままに、3年後の姿として、”年収1000万円”や、”経済を勉強して株式投資をし、エステやネイルサロンに通って自分を内外から磨いています。”とドリームマップに書き込みました。その後会社設立のお誘いや営業職への要請があり、前向きに対応していたところ、ドリームマップに書き込んだことは、3年後にはかなったのです!

 数字と言葉だけの目標設定は、「やらなければならない」といった強制的される感覚や「ノルマを設定して、それに追われているような強迫観念」といった負の感情を引き起こしやすいものです。

 そこで、将来の夢や目標を、鮮明に具体的なイメージとして持つことや、初心を忘れずに、その夢や目標に向かい続けるために開発されたのが、ドリームマップなのです!

 ドリームマップの書き方は以下のとおりです。
 3年後の理想の姿を書きます。

1)スペースの中央に大きく丸を描き、
  その中に夢・目標と年齢を書き込みます。
 例:年商1億円の経営コンサルタント 38歳

2)スペースを4つにわけ、左下に、自己(物質的要素)を書きます。
 例:欲しい高級車や家の画像(切り抜き)を貼り、
   ”休日はゆったり・・・します”のような言葉を横に添えます。

3)スペース右下に、自己(精神的要素)を書きます。
 例:健康・趣味に関連する画像と言葉を書き込みます。

4)スペース右上に、他者(笑顔にしたい対象)を書き込みます。
 例:家族や仲間の笑顔の写真を飾り、
   理想の人間関係のイメージを書き込みます。

5)スペース左上に、社会(変化・影響されるだろう社会)について書きます。
 例:起業家の場合、立派なオフィスの画像を貼り、
   成功したイメージを言葉にしたものを書きます。

注意:根性・努力というような言葉を書かない。
   ”〜しない”といった禁止や、1件1%のような細かい数字は書かない。
   →楽しいものにすること

 ドリームマップは、壁・手帳・壁紙(パソコン)に貼って
 絶えず目にするようにします。
 見てわくわくすると、潜在意識に取り込まれます。
 
 著者は、朝夕一息つくときにドリームマップを見ていると、
 行動計画が浮かぶそうです。

 ドリームマップは、夢がかなったり夢を変更したときは、取り替えていきます。

 併せて、前向きで感謝する言葉を毎日つぶやくようにします。

 ドリームマップの作り方の詳細については、本の最後に付録として、
 32ページ分ついていました。
 わたしも、ドリームマップの下書きをしてみました。
 楽しいですね〜。
 わくわくして時間があっという間に過ぎ去りました。
 
 ドリームマップは、自分の求めているものが
 視覚的にもすぐに分かりますし、
 添えた言葉で頬が緩んで楽しい気分になります!
 
 効果がありそうな予感がします♪

  ↓↓↓↓↓↓↓↓
 人気ブログランキング-クリック(応援)ありがとうございます。
   
posted by エムストーン at 09:05| Comment(13) | TrackBack(1) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エムストーンさん、おはようございます。
いやー、マインドマップも楽しいんですが、こちらはもっと楽しそうですね!
ドリームマップかー。
ちょっと気になっちゃいました(笑)!
Posted by smooth@マインドマップで読書感想文 at 2006年10月11日 07:02
smoothさん、おはようございます!

マインドマップは思考を整理し、
新しいアイデアを出すのにピッタリの方法ですね。

ドリームマップは、夢・目標が視覚的にわかり
わくわくすることから、潜在意識に入れ込もうという方法ですね。

どちらも素敵な方法だと思います。

いつもコメントありがとうございます♪
Posted by エムストーン at 2006年10月11日 08:17
イメージで、自分のなりたいイメージを書き込んでおくのは、私もやっています。

壁紙になっています。

私のばあい、3年というよりももっとかかりそうですが。

Posted by タツ at 2006年10月11日 22:25
タツさん、こんばんは!

イメージを書いた紙を壁紙にされているのですね〜。
毎日目にするたびに、イメージが強化されていると思います!

わたしも構想中です。

いつもコメントありがとうございます♪
Posted by エムストーン at 2006年10月11日 23:26
エムストーンさん、こんばんは!
私は"注意"のところになるほど!と思いました。根性とか努力と書くと、何をするかというイメージが薄れますものね。
応援クリック!
Posted by 手文庫 at 2006年10月12日 01:44
手文庫さん、おはようございます!

たしかに”注意”のところは見落としがちかもしれませんね!

いつも応援ありがとうございます♪
Posted by エムストーン at 2006年10月12日 08:53
こんにちは。
おもしろそうな本ですね。私も読みたくなりました。(でも、買って読んでいない本が腐るほどあるので、いつになるか・・・)

成功法則本、投資に関するう本、その他ビジネス書中心の書評等のブログを書いています。

もし、よろしければ相互リンクを希望します。ご検討よろしくお願いします。
Posted by 成功者への道 powered by jugem at 2006年10月14日 11:55
成功者への道さん、こんばんは!

相互リンクの希望ありがとうございます!
早速リンクさせていただきます!
これからもよろしくお願いします♪
Posted by エムストーン at 2006年10月14日 18:53
はじめまして!

私は「フリーターから社長へ!億万長者への旅!」というサイトを運営しております大和と申します。
大変為になる素晴らしいサイトだと思い、リンクさせていただきたく連絡をさせてもらいました。

当サイトですが、現時点ですでに150ページぐらいを運営しております。
アクセスアップにかなり力をいれております。頑張って今後素晴らしいサイトに日々頑張っています。
突然で申し訳ありませんが当サイトをリンク集に加えていただけないでしょうか?
相互リンクがOKでしたらメールをいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いします。

■フリーターから社長へ!億万長者への旅!■
URL http://www.yamato-office21.com/
E-mail mail@shinki-kaitaku21.com
Posted by フリーターから社長へ!億万長者への旅! at 2006年10月15日 22:31
なんだか楽しそうな本ですね〜。
夢がかなう宝地図とかいろいろな本が今までもでてきましたが、また読みたくなっちゃいました。
「他者」とか「社会の変化」というのも面白いアイデアですね。

Posted by ロン at 2006年10月26日 22:39
ロンさん、こんばんは!

ドリームマップは作るとわくわくしそうです。
下書きでも楽しくなりましたので。

わくわく感が潜在意識に刷り込むのに
役立ちそうですね♪
Posted by エムストーン at 2006年10月27日 00:05
はじめまして。
とても興味があり、ご紹介の本を注文しました。
私は超初心者ですが、夢実現のためブログを始めたばかりです。
「ドリームマップ」で検索して行き当たりましたが、
素晴らしいブログだと思います。
時々見させていただきます。
もちろんクリックも。
Posted by あんこ at 2007年05月12日 15:11
あんこさん、こんばんは!

記事が役に立ったようでうれしいです!

お褒めいただき、ありがとうございます。
これからもお待ちしております。
応援ありがとうございました♪
Posted by エムストーン at 2007年05月15日 01:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25162660
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

『いつかモイカ河の橋の上で』 中野吉宏 著 (第三書館)
Excerpt:  副題は「会社を休んで59日間 地球一周」とある。  大学を出てフリーターをしながらお金を貯め小さな会社をつくった30代後半の男。一生懸命働くものの不景気も手伝い気持ちは空回り。ちょっとした出来事が..
Weblog: エルミタージュ図書館
Tracked: 2006-10-17 09:02


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。