2006年07月03日

15秒でツカみ90秒でオトすアサーティブ交渉術とは?

 タイトルに惹かれて読んだ本がありましたので紹介しておきましょう!

 人気ブログランキング今何位?

大串亜由美15秒でツカみ90秒でオトすアサーティブ交渉術.jpg 大串亜由美著”15秒でツカみ90秒でオトすアサーティブ交渉術”。著者は、有限会社グローバリンク代表取締役。大学卒業後、日本ヒューレット・パッカード株式会社に入社。14年の人事部勤務において、採用/教育担当、人事コミュニケーション・マネジャー、従業員意識調査プロジェクトリーダーを歴任。1988〜1990年、米国カリフォルニア州、ヒューレット・パッカード本社にて人事部門の仕事に携わるかたわら、国際コミュニケーションについて学びました。その後、コンサルティング会社勤務を経て、1998年に有限会社グローバリンクを設立。マネジメント、接客販売など、ビジネスコミュニケーション全般の企業・団体研修、人材育成コンサルティング業務を手がけています。研修実績は、5年連続で年間250日を超え、2005年は「年間276日」を記録。

 15秒で簡潔に自己紹介ができますかと問います。悪い例があります。謙遜したり、つなぎ言葉(えっ〜と)が多かったり、聞いていて信頼感が生まれないあいさつが多いのです。

 90秒でビジネスの必要事項をきちんと伝えることができますかと問います。あいさつ・名乗り・アイスブレイク・予告・本編・クロージングの構成ができますかということです。アイスブレイクでは、相手に感謝の気持ちを示し緊張を解きます。クロージングでは積極的な言葉で相手とともに前向きになにかをしようという雰囲気を作ります。

 レモネードのはなしが印象的でした。”わたしがレモン10個を買いに行ったとき店にはレモンが残り10個でした。ちょうど別の客がやってきてレモン10個を買おうとしました。私とその客はレモンの取り合いになり、レモンはつぶれて使えないものになりました。実はわたしはレモンの汁を使いたかったのに対し、その客はジャムのためにレモンの皮を使いたかったのです。話し合えばレモンを取り合う必要はなかったのです!

 教訓にあふれた話ですね。ビジネスでは、次のような例になると述べています。こちらの売込みに対しどうしても値段を低くしないと受け入れないという相手に対し、難しいと対抗するのではなくて、どうしてその値段が必要なのかを尋ねます。その商品ではなくある分野全体のコストの問題であれば、商品はこれ以上価格を下げられないけれども、別の点で協力できますというような建設的な提案はできるのです。相手のNOの理由を知り、WIN-WINの関係を築くのは重要です。

 相手との会話に関して、相手の話の中でよく出てくる言葉(キーワード)を入れた話を返すと、この人は話を真剣に聞いているという感じを与えます。好印象を持ってもらえると良い人間関係が続くことになります。

 他にも、自分と相手が両方得するような考え方・行動をすることで、成功していく例が多く示されていました。それぞれ悪い例と比較してあるので分かりやすいですね。

 自分の主張を通したがるアグレッシブ、人の話をただ受け入れてしまい不満を感じるパッシブとは違い、相手と自分両方が得をするアサーティブ交渉術をこれから使うようにしたいですね♪

  ↓↓↓↓↓↓↓↓
 人気ブログランキング-クリック(応援)ありがとうございます。
posted by エムストーン at 09:08| Comment(6) | TrackBack(1) | 教育・スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!
コメントありがとうございました。
そちらこそ、スゴイ数の著者をご紹介されてますね(汗)。
ジャンルはちょっと違うかもしれませんが今後ともよろしくお願いします。
Posted by smooth@マインドマップでビジネス書評 at 2006年07月05日 00:18
smoothさん、ようこそ!

コメントありがとうございます!
こちらこそよろしくお願いします。
またのお越しをお待ちしております♪
Posted by エムストーン at 2006年07月05日 08:46
こんにちは。

この本、私もアマゾンのウィッシュリストに入れてます。

著者の経歴のHPは、今はマネーばっかりの会社らしく、大変だそうです。

応援していきますね。
Posted by タツ at 2006年07月06日 12:44
タツさん、こんばんは!

著者の経歴のHPも調べていらっしゃるのですね〜。
応援うれしいです。
ありがとうございました♪
Posted by エムストーン at 2006年07月06日 17:26
エムストーンさん、こんにちは。
また、けっこう前の本にコメント&TBで
失礼します。
私も、レモネードの話、印象的でした。
肝に銘じておきたいところです。
TBさせていただきます。
Posted by ikadoku at 2007年05月31日 13:26
ikadokuさん、こんばんは!

レモネードの話はほんとに印象に残りますよね〜。
あせらずお互いの望むところを
見出すようにしたいものです♪
Posted by エムストーン at 2007年05月31日 22:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20180901
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

15秒でツカみ90秒でオトすアサーティブ交渉術
Excerpt: 15秒でツカみ90秒でオトすアサーティブ交渉術大串 亜由美 (2006/06/09)ダイヤモンド社満足度★★★★★誰に対しても、したいことを「したい」と言えますか?誰に対しても、して欲しいことを「して..
Weblog: 活かす読書
Tracked: 2007-05-31 13:31


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。