2006年06月26日

3秒でいい決断ができる方法とは?

 梅雨が本格的になってきた感じがします。休みの日は晴耕雨読というのもいいかも知れませんね。

 人気ブログランキングは今何位?

さがわあつし3秒でいい決断ができる.jpg さがわあつし著”3秒でいい決断ができる!”。著者は、ペンシルバニア大学卒業。英国系専門商社に勤務し、86年同社の日本代表に就任。88年に独立して会社を設立。南米パルプメーカーの日本代理店を務めました。ビジネスで岐路に立たされたときに、アメリカでリモート・ビューイングをFM・ボンザルから修得。その後、FM・ボンザルの師で、米陸軍透視部隊に所属しオぺレーティング・オフィサー(作戦指揮官)を務めたエド・デームズ、リン・ブキャナンの知己を得て両氏からリモート・ビューイングを学んだ唯一の日本人。

 著者は、リモート・ビューイングを身につけることを説いています。リモート・ビューイングとは、離れたところで情報を感じること(遠隔透視)です。冷戦時代に、アメリカの軍隊で、ソ連の基地の情報を入手する方法として開発されました。鍛えればだれでもできるようになると主張しています。

 まず、イデオグラムを2種類決めることから始めます。赤といいながら紙にサイン(イデオグラム)をします。無意識でするために1秒以内にさっと書きます。人によって違ってかまいません。たとえば、ひらがなの’の’の変形のようなサインでもいいのです。つぎに黒といってちがうサインを書きます。2種類のサインをそれそれなじむまで何度も書いてみます。

 トランプの山を裏返して机に置きます。一枚とって、もう一方の手でサインをします。赤のサインなら左に、黒のサインなら右においていきます。どちらでもない場合は、判断保留ということで、山の一番下に差し込みます。繰り返して、最後に赤と黒で合致した枚数を数えます。最初は5割程度でしょう。繰り返していくと7割以上当たるようになります。

 次の段階は2人で行います。相手に封筒に写真を入れてもらい、示してもらいます。瞬間に感じた、色・形・フィーリング・素材感などをメモしていきます。総合して何かをイメージできればいいのです。繰り返せばできるようになるそうです。

 ビジネスのときに決断する場面は良くあります。2択の形にして、リモート・ビューイングを行えば、高い確率で’直感’があたるようになります!大成功者が無意識で行っている決断を、われわれもリモート・ビューイングでできるようになるのです!

 ほかにも成功者の心構えについて書いてありました。

 高い確率であたる直感をリモート・ビューイングでできるというのは惹かれました。試すのもいいかもしれませんね♪

  ↓↓↓↓↓↓↓↓
 人気ブログランキング-クリック(応援)ありがとうございます。
posted by エムストーン at 09:06| Comment(6) | TrackBack(0) | 教育・スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の場合、決断はめちゃくちゃ早いので、こうしてます。
@ちゃっちゃと決断する
Aやる
で、@とAの間に、これでもかーというくらい、間違ってないか、漏れてないか、などを考え考え、考え尽くすようにしています。
考えるよりまず行動!という人は、こういうタイプが多いんじゃないかなー。

でも、「大成功者が無意識で行っている決断」ってのが非常に気になりますねー。
Posted by 佐藤 at 2006年06月29日 15:49
佐藤さん、こんにちは!

決断が早いのですね〜。
行動力があることはすばらしいと思います。
コメントありがとうございました♪
Posted by エムストーン at 2006年06月29日 19:06
>素敵な記事ですね。 いつのまにか自分のことしか考えられない状態になっていることって多くあると思います。 いい教訓をいただきました♪

TBからのコメントありがとうございました。
Posted by pinktiger21 at 2006年06月29日 22:50
pinktiger21さん、コメントありがとうございました。
またのお越しをお待ちしております♪
Posted by エムストーン at 2006年06月29日 23:15
へー。こういうのもあるんですね、
直観力を鍛える手法ですね。

応援していきますね。
Posted by タツ at 2006年08月02日 22:36
タツさん、こんばんは!

コメントありがとうございました。
応援もうれしいです♪
Posted by エムストーン at 2006年08月02日 23:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。