2006年05月27日

「自分の人生」が不思議なくらい開ける本とは?

 早いもので梅雨の時期が近づいてきましたね。出歩きにくい日は読書で自分を磨くのもいいかもしれませんね♪

 人気ブログランキング(資格・スキルアップ)はこちら

ロジャークロフォードこんなきっかけを待っていた.jpg ”こんな「きっかけ」を待っていた!―「自分の人生」が不思議なくらい開ける本”。著者は、カリフォルニア在住の企業コンサルタント・講演家(専門は社員教育、カウンセリング)。特に社員のモチベーション強化・維持のためのセルフ・コーチングの指導者として著名。大学時代、四肢のすべてに障害を持つテニス選手としては初めて全米大学体育協会のトーナメントに参加。その後プロ・テストに合格し、プロ・コーチとなる。ABC、CBS、NBCなど全米ネットワークテレビのトークショー番組にもゲストとしてたびたび出演し、新聞や雑誌の記事でも取りあげられています。

 冒頭から、言い訳はしてはいけないと述べています。人生がうまくいっている人は言い訳をしないのです。いくつか例を示しています。そのひとつは、著者と同様の障害を持っている人の話です。著者に会いに来たその人は、うまく人生がいかないことを障害のせいにしていました。しかし、著者は成功しているのです。

 著者は、単なる前向きの思考だけでは不十分で、弾力性を持った思考が大事だと述べています。つまり、うまくいっていることと、うまくいっていないことの両方を現状認識し、その上で目標に向けた強い精神力を持つべきなのです。現実を把握しないで目標を語っても夢物語に過ぎません。

成功する心の持ち方
1)ぼやを消す;今を嘆くのではなく、次を考えます。
2)心の食事;どういう風に一日を過ごすか、毎日イメージを持ってから動くべきです。物事の進行に合わせて、絶えずイメージを修正していきます。
3)数字;テニスで、55%のポイントを取ると、91%の確率で勝利します。60%のポイントで99%勝利します。つまり、わずかに有利な状態を続けると大成功するのです!
4)感謝のフィルター;つねに感謝の気持ちを持って行動します。

 ほかにも、たとえば笑顔の効用を説いていました。つねに微笑むだけで人生は変わるのです!

 心の持ち方で人生は変わるというのは説得力がありますね。成功する心の持ち方で自分の力を引き出したいと感じました♪

  ↓↓↓↓↓↓↓↓
 人気ブログランキング-クリック(応援)ありがとうございます。
posted by エムストーン at 09:06| Comment(2) | TrackBack(1) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

私の経験ですが「今自分はどうなのか?」
という質問は、結構使えます。

なんとなく素直に「間違っていた」とか
「憎んでいる」なんて、気づきます。

応援していきますね
Posted by タツ at 2006年05月29日 21:49
タツさん、こんばんは!

今の自分の状況を把握するのは大事だと思います。
応援いつもありがとうございます♪
Posted by エムストーン at 2006年05月29日 22:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18414833
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ハラが立つ質問
Excerpt: 「すごいやり方」 大橋 禅太郎 倉園 佳三 扶桑社 「だから何?」「で、何がいいたいの?」「なんで、やらないの?」というような質問を受けたことはないですか?
Weblog: サラリーマンの成功に効く本。本を読んで資産運用に、健康管理に、人間関係に、仕事に、自己啓発に役立てる。 - livedoor Blog(ブログ)
Tracked: 2006-05-30 13:03


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。