2008年11月04日

竹中式マトリクス勉強法とは?

 記事を読みに来てくださりありがとうございます!

 訪問いただく方、応援クリックいただく方が
 どんどん増えてきています。

人気ブログランキングの本・読書部門で、
1月4日からずっと1位でしたが、
8月12日に2位になったようです。

ところが、8月18日に1位に返り咲いたようですぴかぴか(新しい)
とてもうれしいです。
ほんとにありがとうございます!!

御訪問者数・応援クリック数の増加が、
このブログを続けるパワーの源になっていますひらめき
心から感謝いたします。

これからも一緒に楽しんでもらえたらうれしいです!!

これからもよろしくお願いします黒ハート

 人気ブログランキングは現在何位でしょう?

”1の努力で10の成果”
”日本一の学習法、初公開”
と帯に書かれえていた本を紹介しましょう!!

竹中平蔵竹中式マトリクス勉強法.jpg竹中平蔵著”竹中式マトリクス勉強法”。

著者は、日本開発銀行、
大蔵省財政金融研究所主任研究官、
・・・ハーバード大学客員准教授、・・・
慶應義塾大学総合政策学部教授
などを経て、
2001年小泉内閣で
経済財政政策担当大臣。
02年に金融担当大臣、
04年に郵政民営化担当大臣を兼務。
05年総務大臣。
2004年参議院議員当選。
06年に小泉内閣の終焉とともに辞職。
現在慶應義塾大学教授。


著者が実践したことやこれまで感じたことを
1冊にまとめてあります。
ごく一部を紹介しましょう!


1)マトリクス勉強法とは?
             天井がある勉強    天井がない勉強

武器としての勉強   A.記憶勉強      B.仕事勉強
           (資格試験、TOEIC等) (英会話、経済学等)

人と人と結ぶ勉強   C.趣味勉強      D.人生勉強
           (茶道、武道等の検定) (教養を高める勉強等)

天井がある勉強とは、各種資格試験など、合格したら終わりというもの。

「今自分は何を勉強するべきか」を知ることが実は一番大切です。
ところがこれがわからないという人が案外多いのです!

著者は節目(進学・就職時ごと)にA〜Dの勉強(勉強マトリクス)を考え、
勉強の優先順位を決め、中長期的な目標を立てていました。

そして、その計画を一つ一つものにしていくことで、
少しずつ目標に近づいていったのです。


2)竹中式勉強法9の極意
<極意1>目標は常に2つ持て
直近の目標の追求とビックピクチャーを描くことの2つを
両立して欲しいのです!!

両立を深く意識しないと、
目先の目標だけに振り回されたり、
夢ばかり語って破綻したりしてしまいます。


<極意2>目標から締め切りを逆算しろ
すべての勉強に締切りを設定することが大事です!!

スケジュールを「逆算方式」で管理することは、
勉強の予定のみならず、
郵政民営化や不良債権処理など国家的な大プロジェクトの
進行管理にも有効ということを著者は体感しました。


3)竹中式記憶勉強法5の極意
<極意5>人任せにせず、必ず自分でまとめよ
重要なデータ分析などは、
必ず自ら手を動かし、自分でまとめることが大切です。

これには2つの効果があります。
一つは、5感を刺激するので、
ただ読むだけより記憶に残りやすいです。
もう一つは、物事の本質を理解するのに役立ちます。

一方で、話題になるような雑学的な知識は’耳学問’で十分です。
人と話すときに案外重要ですが、
メディアやおしゃべりをメモしていけばストックは溜まっていきます。

ただ、日本の政治家は徹底して耳学問の人が多いです。
面白いネタは良く知っていますが、
国会答弁などで本質を突っ込まれると、
しどろもどろになってしまいます。
やはり、コトの本質は耳学問ではわかりません
問題解決の具体案は、自分で書いてまとめて、
理解するよりありません!!

さらに、政治家や評論家は、よく’たとえ話’をします。
「日本は若かった。だけどだんだん老化してきて、
 細胞の活力がなくなってきた。」
一見するとわかりやすいように聞こえます。
しかし、老化や細胞は具体的に何を指しているのでしょう?
たとえ話は煎じ詰めると、
まるでロジックが通らないデタラメがほとんどなのです!


著者の知る限り、真の知識人はたとえ話をあまりしません。
子どもに説明する場合などには結構ですが、
ロジカルに議論する場には、まるで向きません。


竹中平蔵竹中式マトリクス勉強法.jpgほかに、竹中式英語勉強法7の極意、
竹中式経済勉強法9の極意、
世界に通じる勉強5の極意
などがありました!


銀行員、大学教授、国会議員、
大臣などいろんな経験をした著者が
これまで感じてきたものをまとめてあるので、
ハッとすることもたくさんありました。

著者が実践してきた勉強法から
自分が必要なものを取り入れて実践し、
人間としての力を蓄えたり、
物事を見極める力を身につけたりしたいですね〜♪♪♪


竹中平蔵著”竹中式マトリクス勉強法”。

ご訪問いただいた方に心から感謝いたします。
ありがとうございました黒ハート
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
 人気ブログランキング-クリック(応援)ありがとうございます。
     
 
posted by エムストーン at 08:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 教育・スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして

くまたろうと申します。

似たようなビジネス本を読んでいるので興味をもってコメントさせていただきました。

ぜひ、相互リンクお願いいたします。
「リラックマのごゆるり読書日記」
Posted by くまたろう at 2008年11月05日 00:19
初めまして!

いつも興味深く拝見させていただいています。

私もまだ始めたばかりですが、自己啓発に興味がありブログを始めました。

もしよろしければ相互リンクさせていただけないでしょうか?

宜しくお願いします。
Posted by ロボット at 2008年11月07日 17:53
竹中式、面白そうですね。
竹中さんの経済政策の功罪については、いろいろ取りざたされていますが、
学習者としての竹中さんには興味を覚えます。
Posted by 元塾講師中里 at 2008年11月10日 06:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109049979
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。