2008年08月01日

脳科学を理解して無意識のうちに目標に到達しよう!!

 記事を読みに来てくださりありがとうございます!

 訪問いただく方、応援クリックいただく方が
 どんどん増えてきています。

なんと人気ブログランキングの本・読書部門で、
1月4日に1位に返り咲いたようですぴかぴか(新しい)

2007年12月11日以来でした。
とてもうれしいです。
ほんとにありがとうございます!!

御訪問者数・応援クリック数の増加が、
このブログを続けるパワーの源になっていますひらめき
心から感謝いたします。

これからも一緒に楽しんでもらえたらうれしいです!!

これからもよろしくお願いします黒ハート

 人気ブログランキングは現在何位でしょう?

”脳科学を理解して行動すれば、
 無意識のうちに目標に到達できる―。
 知っているか知らないかで、
 人生に大きな格差が生じる「怖い本」。”
と、帯に書いてあった本を紹介しましょう!

ロバートマウラー脳が教える! 1つの習慣.jpgロバート・マウラー著
脳が教える! 1つの習慣”。
(原題 One Small Step Can Change Your Life:
The Kaizen Way by Robert Maurer)

著者は、心理学者。臨床心理士。
UCLA医科大学准教授.
各国企業や英国政府の
コンサルタントとしても活躍。
ABCテレビ、ロサンジェル・
タイムズ紙などメディアの
注目も集めています。


一般に、大きな目標を掲げると恐怖がわきおこります。

これは、大脳辺縁系の働きによるものです。

哺乳類に共通のシステムとして、
大脳辺縁系の扁桃体は、差し迫った危機に対して警報を出します。

すると、闘うあるいは逃げるために、
他の機能をストップさせることがあります。
理性的・創造的思考を低下もしくは停止させてしまうのです。

例を挙げると、もしライオンが突進してきたら、
脳は、それほど重要でない機能をあっさりと停止させ、
(じっくり考えることはせず、)
直ちに身体を動かそうとします。

同様に、脳は、新たな挑戦、チャンス、欲望によって、
(大きな変化を生じる可能性があると判断すると危険と察知して)
ある程度の恐怖心が起こるようにできています。

革新的に変えようとすると、
脳は新たな習慣を拒絶してしまうのです!!


では、どうしたらいいのでしょう?

小さな1歩から始めるのです!!
あまりに小さな変化だと、恐怖は起こらず、
脳は見逃してしまうのです。

○小さな質問
質問は脳を目覚めさせ、喜ばせます。
脳はどんな質問でも、
受け入れてじっくり考えるのが好きなのです。

ただし、どうすれば成功する? すぐやせる?
というような大きな質問では、脳が拒絶反応を示します。

今日、1分だけ新しいことをするなら何をする?
夕飯はなんにする?
というような小さな質問を習慣的にすると、
拒絶反応は働かず、
大脳新皮質に届いて脳が活発に動き出すのです!

ほかに、小さな思考をする
小さな行動を起こす
小さな問題を解決する
小さな瞬間を察知するなどに関して、
わかりやすい解説がありました。


変化のプロセス
Step 1 小さな質問をする・小さな思考をする
Step 2 小さな行動を起こす
Step 3 いつのまにか無意識の習慣になる
Step 4 目標に向かって変化を遂げ始める


例)シングルマザーのジュリー場合
ある医者に健康のために30分の運動をするように言われたときには、
時間がないからと言って拒絶しその医者には通わなくなりました。

体調を崩し気味になったジュリーは、
別の医者の著者に勧められて、
まず小さな行動−毎日1分間、テレビの前で足踏みする−から
始めました。

この行動に有酸素運動の効果はほとんどなかったのですが、
彼女の生活に「運動を生活に取り入れる可能性」を持ち込みました。

その後、コマーシャル1回分→コマーシャル2回分→・・・
→いつのまにか毎日30分運動するようになっていました。
 運動が習慣になったのです!


ほかにも、
ある会社の業績不振チームが小さな質問をすることで躍進した例や、
有名小説家が小さな質問を繰り返して名作を書いた例や、
小さな質問をすることで理想の恋愛を手に入れた例や、
大企業管理職が小さな思考を活用して円滑な人間関係を築いた
例がありました。

また、待ち時間の長さで評判が落ちた病院が
小さな行動を起こすことで評判が上がった例や、
ニューヨーク地下鉄で小さな質問をする・小さな行動をする・
小さな問題を解決するをしたところ、
27ヶ月で地下鉄内の重罪犯罪が50%減った例や、
小さな瞬間を察知して小売店のチェーンを成功させた例や、
小さな瞬間を察知してインスタントカメラを発明した例
など、
たくさんの例があり説得力を感じました。


ロバートマウラー脳が教える! 1つの習慣.jpgいきなり大きな変化をしようとしても
脳が拒絶するのでうまくいかないのですね〜!!

目標を達成するために、
今1分間で何ができるかなどのように
小さな質問をして、
さらに小さな思考や小さな行動を積み重ねて
気がついたら目標に到達していた
という感じにしたいですね〜♪♪♪

ロバート・マウラー著
脳が教える! 1つの習慣”。

ご訪問いただいた方に心から感謝いたします。
ありがとうございました黒ハート
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
 人気ブログランキング-クリック(応援)ありがとうございます。
     
 
posted by エムストーン at 08:55| Comment(6) | TrackBack(2) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
次の更新も楽しみに待ってます。
応援ポチッ!!!
Posted by サトシ at 2008年08月09日 16:44

すごい!
すごく共鳴する記事でした!

「いきなり大きな変化をしようとしても脳が拒絶する」という事実。
「小さな変化なら拒絶反応は働かない」という事実。

僕ら(僕と妻)が言いたかったことを、これほど分かりやすく示してくれるなんて…
感激しました。

変化のプロセス(Step 1〜Step 4)の部分なんて、まさに僕と妻が世の中に発信していることと同じです。

これからの記事にも期待してます!
Posted by シュン (シア夫婦の夫のほう) at 2008年08月11日 22:44
はじめまして!
エムストーンさん?でよろしいでしょうか?
プロフィール発見できませんでした・・・

私もこの本を読みました。
この本を読んでから
脳が抵抗しない小さな
行動を少しずつ実行しています。
将来の行動にも影響を与える
良書だと思います。

ではでは、これからも
おもしろい本の紹介お願いします!

もちろん応援しますよ!!
Posted by フラット at 2008年08月13日 00:02
こんちゃぁ♪お久しぶりです。
この本、僕も大好きなんですよ!

小さいことを大切にするって素敵です。

トラックバックさせてください♪
よかったらトラックバック仕返してください☆
Posted by 千石弥一 at 2008年08月14日 18:48
エムストーンさん、こんばんは!

コメントありがとうございました!

こちらこそ、
素敵な記事をありがとうございました。

日々生きているだけで幸せなこと。
忙しい日々に流されていると忘れがちですが、
ブログや日記を書いて思いをめぐらせていると
忘れずにいられますよね。。。

“相互リンク希望”します。
先に、僕と妻のブログで成功実現プログラムへのリンクを貼らせていただきました。




Posted by シュン (シア夫婦の夫のほう) at 2008年08月18日 22:36
以前から参考にさせていただいておりました!

同じような内容を扱っているブログなので、
是非相互リンクさせてください!

よろしくお願いします☆
これからも参考にさせてください。
Posted by 岩やん at 2008年08月28日 10:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103930720
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

変われないのは脳のせい?
Excerpt: 脳の秘密、潜在意識の秘密のせいで、人はなかなか変われない
Weblog: アイデアホイホイ
Tracked: 2008-08-14 18:46

切り口
Excerpt: 1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。   ↓ 「B型自分の説明書」という血液型の本がブームになり、その他の血液型の自分の説明書が出版され、はやっているという。   &n..
Weblog: 東京純豆腐物語
Tracked: 2008-08-18 01:52


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。