2008年07月24日

小さな幸せに気づく24の物語!!

 記事を読みに来てくださりありがとうございます!

 訪問いただく方、応援クリックいただく方が
 どんどん増えてきています。

なんと人気ブログランキングの本・読書部門で、
1月4日に1位に返り咲いたようですぴかぴか(新しい)

2007年12月11日以来でした。
とてもうれしいです。
ほんとにありがとうございます!!

御訪問者数・応援クリック数の増加が、
このブログを続けるパワーの源になっていますひらめき
心から感謝いたします。

これからも一緒に楽しんでもらえたらうれしいです!!

これからもよろしくお願いします黒ハート

 人気ブログランキングは現在何位でしょう?

”人生、仕事、人間関係、将来に悩んだとき、
「感動」と「勇気」を与えた物語集”
と、帯に書いてあった本を紹介しましょう!

大切なことに気づく24の物語~読むだけで人生がうまくいく「心のサプリ」~
がベストセラーとなった中山和義さんの新刊です!!
(過去の関連記事:大切なことに気づく24の物語とは?

中山和義小さな幸せに気づく24の物語~読むだけで成長できる「心のサプリ」~.jpg中山和義著
小さな幸せに気づく24の物語~読むだけで成長できる「心のサプリ」~”。

著者は、業界トップのテニスクラブ、
テニスショップ、老人ホーム、
学習塾の経営のほか、
オリジナル・テニスブランドを
立ち上げ成功。


毎月会報に「オーナー日記」として、
”大切なことに気づかせてくれる話”を
載せていました。

その内容をまとめて昨年出版した
大切なことに気づく24の物語~読むだけで人生がうまくいく「心のサプリ」~
がベストセラーとなり、
多くの読者から感想が届きました。

中山和義大切なことに気づく24の物語~読むだけで人生がうまくいく「心のサプリ」~.jpg24の物語の中で一番印象に残った話は
一人ひとり違うものでした。

多くの人は自分が必要としている話や
言葉に出会うと
心に強く残ります。

必要としている話や言葉に出会ったとき
人は大きく成長できます。

この本の物語は、
本当に大切なことを忘れそうになったときに
あなたを助けてくれる物語となるでしょう!


物語をごく一部紹介します。

○友達と給食
ワタミの渡邉美樹社長の話を紹介します。

渡邉社長は恵まれない子どもたちのために、
カンボジアで学校建設事業を行っています。

渡邉社長が視察に行ったとき、
わずかなご飯にスープをかけただけの給食を
一口も食べようとしない女の子がいました。

ほかの子が食べ終わるころになると、
ビニール袋を取り出して、
給食を袋の中に入れ始めました。

渡邉社長は不思議に思い校長先生に聞くと、
「彼女は病気で働けない母親と二人の姉妹のために、
 給食を家に持ち帰っているのです。
 だから、授業を1時限分欠席します。」

渡邉社長は感動しました。

ところがもっと驚いたのは、
女の子の周りに座っていた子どもたちの行動でした。

女の子の近くに座っていた子どもたちはなぜかみんな、
給食を全部は食べずに残していました。

女の子が自分の分をビニール袋に入れ終わると、
ほかの人も残した分を
女の子のビニール袋に入れてあげていました。

「1日1食しか食事が取れない子どもたちなのに・・・」

渡邉社長は、「この子ども達を絶対に助ける」と
強く思ったそうです。


本当の強さと優しさを試されるのは、
自分が困難な状況のときに、
どれだけさらに困っている人のために
力を貸すことができるかです。

自分が困難な状況になったとき、
カンボジアの子どもたちの強さを思い出して
がんばりたいですね。


○自己イメージ
鹿児島の知覧にある「知覧特攻平和会館」に、
友人3人と行ってきました。

印象に強く残ったのは、
特攻隊員が特攻の前日まで通っていた富屋食堂でした。

この食堂には隊員の面倒を母親のようにみていた
鳥浜トメさんが働いていました。

「戦争はあってはならないのですよ。
 あの子達は神様だった。とってもやさしかったのよ。

 『早く日本が勝つように、今僕たちが行かなければ。
  そうすればきっと平和な世の中がきますから。
  だから、今、僕たちは行くのですよ。

  おばさん、僕たちの命を全部、おばさんにあげるから、
  僕たちの分まで長生きしてくださいね。
  母親に代わって見送ってください。』

 と言い残し、出撃していきました。」

特攻隊員のみなさんにも夢があった事でしょう。

生かされている私たちが、
自分の夢のために努力しなかったら
申し訳ないと思いませんか?


○電球
友人から聞いた、
松下グループ創業者の松下幸之助さんの話を紹介します。

松下さんが、工場でつまらなそうに電球を磨いている従業員に、
「あんた、良い仕事してるでぇ〜」
と言ったそうです。

「毎日、同じように電球を磨く退屈な仕事ですよ」
と愚痴をいう従業員に松下さんは、

「本を読んで勉強している子どもがいるやろ。
 そんな子どもらが夜になって暗くなったら、
 字が読めなくなって勉強したいのにできなくなる。

 そこで、あんたの磨いた電球をつけるんや。
 そうしたら夜でも明るくなって、
 子どもらは夜でも読みたい本を読んで勉強できるんやで。

 あんたの磨いてるのは電球やない。
 子どもの夢を磨いているんや。

 暗い夜道があるやろ。
 女の子が怖くて通れなかった道に、
 あんたが磨いた電球がついたら、
 安心して笑顔で通れるんや。
 
 もの作りはもの作ったらあかん。
 その先にある笑顔を作るんや。」

毎日が忙しいと、
「なぜ、この仕事をやっているんだろう?」
と思うことがあります。

笑顔を作り出すために働いているんだと
気づかせてくれる話でした。

人の笑顔を作る仕事ができたときに、
自分も笑顔になれるのだと思います。



中山和義小さな幸せに気づく24の物語~読むだけで成長できる「心のサプリ」~.jpg全部で24の話がありました。
ジーンとくる話も多くありました。

日ごろの生活の中で目先のことにとらわれて、
視野が狭くなっていることを気づかせてくれ、
何が大切かを再認識させてくれる本だと
感じました。

ときにはこの本を読んで、
幸せを感じるようにしたいですね〜♪♪♪

中山和義著
小さな幸せに気づく24の物語~読むだけで成長できる「心のサプリ」~”。

大切なことに気づく24の物語~読むだけで人生がうまくいく「心のサプリ」~”。

ご訪問いただいた方に心から感謝いたします。
ありがとうございました黒ハート
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
 人気ブログランキング-クリック(応援)ありがとうございます。
     
 
posted by エムストーン at 09:09| Comment(5) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご訪問ありがとうございます♪
FireFoxで見たらどうもレイアウトが崩れてるみたいなんですが…まだ修正できてない状態です(汗)
ブログタイトルにある「感謝の気持ち」
なぜか凄く目につきました(^-^)
僕もその気持ちを常に持つようにしたいと思います^^;
Posted by アメリカ留学 at 2008年07月24日 19:10
こんばんは、ひろよこです。

凄くお買い得感のありそうな本ですね!!

「大切な何か」を再確認するために読んでみようかな^^)

いつも、楽しい本を紹介していただきありがとうございます。

応援♪
Posted by ひろよこ@成功への一歩を踏み出す! at 2008年07月25日 00:35
こんばんは、こちらこそコメントありがとうございます^^;
宝当招き猫(ゴールド)
これいいですね…w
Posted by アメリカ留学 at 2008年07月29日 18:24
なるほど・・って感じですね

ありがとうございます
Posted by ナニメン at 2008年08月13日 11:04
はじめまして!
オンラインブックガイド新刊JP編集部のMTKです。

今回、エムストーン様が『大切なことに気づく24の物語〜読むだけで人生がうまくいく「心のサプリ」〜』や『小さな幸せに気づく24の物語〜読むだけで成長できる「心のサプリ」〜』に感動し、ご紹介されている記事を拝見してコメントをさせていただきました!

僕もこうした本は大好きなのですが、最近出版された、小さな親切を集めたエピソード集『毎日が楽しくなる17の物語』は、人の優しさを垣間見ることができる素敵な本でした。

『24の物語』シリーズがお好きでしたら、こちらも非常に楽しんで読める本だと思いますので、是非お手に取ってみてください。
オススメさせていただきます!

こちらの『毎日が楽しくなる17の物語』は、新刊JPで特集ページをオープンしております。
第2話のエピソードを無料で読むことができますので、是非、お立ち寄りください。

http://www.sinkan.jp/special/17_monogatari/index.html

(また、新刊JP編集部もブログをやっているので、ぜひ遊びにいらしてください!
http://sinkanjp.cocolog-nifty.com/

それでは突然のコメント失礼しました。

新刊JP編集部
Posted by 新刊JP編集部 at 2009年06月01日 12:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。